知多で永代供養の相談はこちらで!宗派不問で安心!

知多で永代供養をしたい場合、まず「何から始めたらいいのかわからない」という方も少なくありません。永代供養とはそもそもどのような供養なのか、永代供養でも墓を使用できるのか、といった疑問がまず挙げられるでしょう。その際は「わかる人に相談する」ことが大切です。

お墓の永代供養はお寺でも行うことができますが、そうなると宗派の問題も出てきます。場所的に良いところや良いお寺があっても、宗派が違うと永代供養できないと考えている方もいるのではないでしょうか。永代供養は、必ずしも宗派が同じでなくても利用が可能です。

事前確認が必要ですが、最近では宗派不問の永代供養を提供している寺院も増えています。ここでは、知多で永代供養についての詳しい説明と、宗派不問の永代供養墓の種類について、知多の如意輪寺が詳しくご紹介します。

知多の永代供養についての相談も! 宗派不問? 永代使用とはどう違うの?

たくさんの木が生えた寺院

そもそも永代供養というのはどのような供養を行うのでしょうか。実は永代供養といっても未来永劫に渡る供養ではないのです。

永代供養をする対象となるものは「遺骨」です。永代供養では、一定期間において遺骨の安置および供養が行われます。

各寺院や霊園などによって取り決めはさまざまですが、その期間は「33回忌までを期限とする」ことが多くなっています。

中には17回忌までのところもあれば、33回忌を超えて50回忌、あるいはそれ以上という場合もあるため、申し込みをする前に期間を確認しましょう。

では、契約の切れた遺骨はどうなるのでしょうか。永代供養墓へ遺骨を移し、他の遺骨と一緒に合祀を行うことが多いようです。また、土に還すなどの処置も行われることもあるので、やはり供養期間が切れた後の対応も確認するようにしましょう。

知多の永代供養において相談が多いのが宗派不問かどうかということですが、多くの寺院ではどのような宗派であっても永代供養の受け入れを可能としています。ただし、法要はその寺院の宗派に則って執り行われることが多いため、気になる方は寺院の宗派を確認しておきましょう。

知多の永代供養についての相談も!宗派不問と気になるお墓の種類は?

火のついたロウソクとお線香

人々のライフスタイルも変わり、先祖代々のお墓を子々孫々にわたって供養し続けることが難しくなってきました。

そのため、永代供養を寺院や管理会社に依頼するケースも増えています。そうなると、気になるのがお墓です。

永代供養の概要の次に、永代供養墓とはどのような墓なのか、その種類にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

永代供養墓の種類は大きくふたつに分かれます。

  • 合葬式納骨堂一般的な墓石や区画を使用せず、地下や半地下といったスペースに納骨堂を作って骨壺を安置します。野外にあることが多く、合葬式納骨堂の上に仏像や塔などを建ててシンボルとすることもあります。

    複数の遺骨を合祀する形式と小さな個別の区画に保管する形式があり、どちらも宗派不問での永代供養ができます。

  • ロッカー式や機械式の納骨堂屋内に小さな箱型の納骨室が多数用意されている形式です。従来はコインロッカーのような形式の納骨堂が一般的でしたが、現在はさらに進んでICカードなどで管理できる機械式納骨堂が増えてきました。

    このような形式で個別に納骨した場合も、契約期間がすぎると合祀墓に入るのが一般的です。

知多の永代供養に悩んだら気になる宗派不問かどうか相談することが大切!

知多でも、墓の管理や維持が困難になり、永代供養を検討する方も少なくありません。永代供養とは未来永劫に渡って遺骨の供養を依頼できるというわけではありません。永代供養は通常の墓とは異なり、合葬式かロッカー・機械式の2種類から選ぶことになります。

どちらの場合も一定の期間は個別に遺骨の供養や法要を行うことが可能ですが、一定期間を過ぎると多くは合祀墓へ移されます。基本的には宗派不問というところも多いため、わからないところはしっかり相談して悩みを解消することが先決です。

知多で宗派不問の永代供養の相談をするなら如意輪寺へ

寺院名 如意輪寺(にょいりんじ)
住所 〒470-3321 愛知県知多郡南知多町大字内海中之郷12
宗派 真言密教
TEL 0569-62-0109
URL https://nyoiringi.com
PAGE TOP