知多で改葬したい場合の手続きは?納骨の相談も大丈夫?

お墓が遠方にあって管理が大変だ、あるいはまわりに親戚もいなくなってしまい誰もお墓の管理ができなくなるというケースが増えています。知多にお住いの方や知多にお墓がある方の中には、お墓の管理が難しくなってきたのでお墓を自宅近くに移転したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、どんな手順や手続きをすればよいのか、どこに相談したらいいのかなど、わからないことも多いでしょう。そのような場合には「改葬」という方法があります。改葬とは墓自体を移すのではなく、中の「遺骨のお引っ越しを行うものです。

生前に自分が入るお墓のことも考えると、自宅近くへの改葬は最善の対策と言えます。ここでは改葬とその手続きなどについて、詳しくご紹介しています。

知多で改葬の手続きはどうしたらいい? 納骨の相談もしたいけれど…

並んだお墓

まずは改葬についてご説明します。改葬は、一度納骨した遺骨を他所に持っていくことです。遺骨の引っ越しであり、墓石をそのまま持っていくことではありません。

遺骨の移動先としては、新しいお墓や納骨堂などが挙げられます。なお、遺骨を移動した後のお墓を処分する場合は、その墓は「墓じまい」を行う必要があります。

昨今では改葬を希望する方が増加しています。というのも、帰省をしても既に親は亡くなっていてお墓しかないといった場合、自分の住んでいる近くで供養をしたいと考える人が増えてきたためです。

実家のお墓となると、お墓参りだけではなく周囲の清掃なども行わなければなりません。自分自身が加齢とともに体力がなくなると帰省自体を敬遠してしまうでしょう。改葬して近くにお墓や納骨堂があればいつでもお参りに行くことができ、遺骨の管理もしやすくなるのです。

改葬には費用面でもメリットがあります。一年に一度とはいえ、遠方へ帰省するとなると費用もかかってしまいますが、自宅近くへ改葬すれば移動費を抑えることが可能になります。

知多の改葬の手続きと納骨の手順の相談について

改葬したお墓

実際に知多で改葬をしようと思うと何から始めたらいいのかわからないという人も少なくありません。ここでは改葬の手続きと手順についてご説明します。

まずは親戚などに事前に話をして了承を得ることが第一です。お墓の管理や手入れをしていた親戚が特にいない場合であっても、独断で決めることがないようにしましょう。

現在のお寺の檀家も解約しなくてはなりません。そのため、改葬について菩提寺にも相談しておくことが大切です。

親戚の了承を得て檀家の問題が解決したら改葬先を決めます。費用なども勘案しなければいけませんし、希望する納骨方法によってお墓を選ぶか納骨堂を選ぶか、あるいは他の改葬先を探すのかが変わってきます。

改葬先が決まったら、元のお墓がある市区町村の役所が発行する「改葬許可申請書」を用意します。改葬許可申請書には、管理者の情報の他に現在の菩提寺の署名捺印が必要です。記入したら役所に提出し、「改葬許可証」を受け取ります。なお、改葬先の「受入証明書」が必要となる場合もあるため、事前に役所に確認しておきましょう。

既存のお墓の墓じまいも必要です。お墓の場合は墓石を撤去し、更地にする必要があります。墓じまいが完了して檀家を離れる際は、お布施などを手渡すことも忘れないようにしましょう。

知多の改葬の手続きや納骨の相談にもしっかり対応

お墓をお参りしやすい場所へ引っ越すのは誰もが考えていながら、なかなか実行に移しづらいものです。知多から、あるいは知多へ遺骨を移して自宅周辺で供養と管理をしたい場合は、改葬して遺骨を移動するという方法があります。

改葬を行う前には、まずは遺族や親戚、および現在の菩提寺に相談して承諾を得るのが先決です。トラブルを避けるためにも、承諾を得た後に改葬先の選定や行政の手続きを進めましょう。

知多で改葬の手続きや納骨の相談をするなら如意輪寺へ

寺院名 如意輪寺(にょいりんじ)
住所 〒470-3321 愛知県知多郡南知多町大字内海中之郷12
宗派 真言密教
TEL 0569-62-0109
URL https://nyoiringi.com
PAGE TOP