改葬をおこなうときにかかる料金と、知多郡にあり永代供養が依頼できる如意輪寺のご紹介

一昔前まではお墓は代々受け継ぐものという考えが一般的でしたが、少子高齢化や引っ越しなどさまざまな事情からお墓の管理に負担を感じている方も少なくありません。しかしお墓は誰も管理せず放置しつづけるといずれは強制的に撤去され無縁仏となる可能性があります。

そのような事態を避けるために、お墓を引っ越しさせる「改葬」や、家族に代わり寺院や霊園に供養をしてもらう「永代供養」を選択される方も増えつつあります。

この記事では、お墓の負担を軽減したいと考えている方のために、近年改葬を選択される方が増えている理由と実際に改葬を依頼するときにかかる料金、また知多郡にあり永代供養が依頼できる如意輪寺を詳しくご紹介いたします。

近年改葬を選択される方が増えているふたつの理由

お花が供えられたお墓

「改葬」とはお墓を他の場所に移動させる、つまり「お墓を引っ越しさせる」ことで、現在さまざまな理由から改葬をされる方が増えています。

改葬を選択される主な理由は次のふたつです。

  • 手入れや維持の負担を軽減するためお墓は放っておくと墓石が劣化し、倒壊する恐れがあります。そのため、墓石や周囲へ定期的な手入れが必要です。

    しかし、お墓が遠方にある場合、とくに高齢者とって長距離の移動は体力的にもかなりの負担になり頻繁には通えなくなるので、管理が難しくなります。

    そのような負担を解消するために、昔からあるお墓の場所にこだわらず、今住んでいる場所の近くにお墓を購入し移動される方が増えています。また、複数のお墓がある場合は負担がさらに増えるので、ひとつにまとめるためにお墓を新たに購入して改葬される方も少なくありません。

  • 永代供養をするためお墓の維持が難しくなった場合、墓じまいをして永代供養される方も多くいます。永代供養が依頼できる寺院や霊園は利便性のよいところが多く、家族に負担を掛けたくない方や転勤が多い方などが選択されている供養の仕方です。

    費用の面でも、お墓や土地を新たに購入するよりもはるかに費用を安く済ませることができます。永代供養をする場合は、お墓の引っ越しではなくお骨のみの引っ越しになります。

お墓を改葬する際に発生する気になる費用の相場と内訳

通帳と電卓と印鑑

お墓を改葬する際には当然のことながらさまざまな費用が発生します。費用を大きく分けると「お墓を処分する費用」と「お墓を建てる費用」のふたつです。

改葬にかかる費用の相場は300万円ほどといわれていますので、ここでは改葬にかかる費用の内訳を詳しくご紹介いたします。

今あるお墓を処分するため費用

  • お墓を移動させる場合、「お骨を取り出す」ことが必要です。この費用が5万円ほどかかります。また、お墓から魂を抜くとされる「閉眼供養」を依頼する場合には1万円ほどのお布施を支払います。正式なお布施は各お寺にお尋ねください。
  • 使わなくなった墓地は、もとの更地の状態に戻して寺院や霊園に返す必要があります。この工事にかかる費用が「墓石・区画処分費用」で、区画の広さにもよりますが30~50万円ほどかかります。
  • お寺の檀家をやめるための料金「離檀料」が発生することがあります。お寺によって異なりますが、無料から高いところでは数十万円支払うこともあるので事前に確認が必要です。

新しくお墓を建てるための費用

  • お墓を移動させる「運搬費用」は、距離によって異なりますが10万円前後です。また、新しくお墓を建てる「工事費用」として100万円~300万円がかかります。
  • 新しいお墓に魂を入れ込む「開眼法要」を依頼する場合は、3万円~5万円のお布施を支払います。
  • お墓を使用するにあたり「永代使用料」の支払いが必要です。こちらの費用はお寺によってかなり金額が異なりますが、70万円~300万円が相場です。

改葬や永代供養は知多郡にある如意輪寺にご相談ください

お墓の維持が難しくなったとの理由から永代供養をお考えの方も多いかと思います。しかし、いざお墓を移動させるとなっても一体どこへ移動させればよいのか悩む方も多いでしょう。また、その費用としてある程度まとまった金額を用意する必要があります。

知多郡にある如意輪寺は、宗派関係なくどなたでも永代供養が依頼できるお寺です。知多郡周辺で永代供養をお考えの方、改葬の費用に関する質問や相談をご希望される方はお気軽にご連絡ください。

知多で改葬の依頼をお考えの方は如意輪寺へ

寺院名 如意輪寺(にょいりんじ)
住所 〒470-3321 愛知県知多郡南知多町大字内海中之郷12
宗派 真言密教
TEL 0569-62-0109
URL https://nyoiringi.com
PAGE TOP