知多郡でお墓の相談をするなら如意輪寺へ! 永代供養や納骨ができるお寺が教える供養方法

小さいころからご家族とお墓参りや法事に参加している方にとって、先祖の供養は習慣の一部であるため、供養の意味や供養の仕方について改めて考えてみると、あまり分かっていなことも多いのではないでしょうか。

供養は故人を偲び冥福を祈るためにおこないますが、供養をするときにはいくつかのマナーや注意点があり、知らないでいると非礼にあたる場合もあるので注意が必要です。この記事では、供養の必要性を再認識していただくために、供養の意味からお墓参りでの供養方法、供養をするときに気をつける点まで、詳しくご説明します。

また、知多郡周辺で改葬や墓じまいをご検討中の方のために、宗派関係なく永代供養を依頼することができる如意輪寺も合わせてご紹介いたします。

改めて知っておきたい供養の種類とそれぞれの意味

合掌をする女性

供養の語源は、尊敬を意味するサンスクリット語の「プージャー」といわれています。

供養には仏様や菩薩様に敬意を表す「仏教供養」と、故人の冥福を祈るためにおこなう「追善供養」のふたつがあり、供養というと「追善供養」を指すことが多いです。

「追善供養」の方法にはいくつかありますが、主な供養方法は次のとおりです。

  • お墓参り墓地にお墓を建てて、お盆やお彼岸にはお花やお線香をお供えします。
  • 中陰供養魂が生まれ変わるまでの期間は四十九日間と考えられていて、四十九日の法要までの期間を「中陰」といいます。中陰供養はいわゆる「初七日」「二七日」を指します。
  • 年忌法要年忌法要は命日から節目の年におこなわれる法要で、法要から食事までを法事とよびます。
  • 永代供養家族に代わってお寺や霊園が故人を供養することで、お墓を守る人がいなくなった方や、家族に負担を掛けたくない方に選ばれている方法です。

お墓参りをするときの供養の仕方

お墓参りをする男女

お墓参りする際、お花とお線香お供えして手を合わせることは多くの方がご存じかと思いますが、このほかにもいくつかのポイントがあります。

ここでは、お墓参りをするときの供養方法をご紹介いたします。

  • お墓をそうじするお墓は故人の家ともいえる場所なので、心地よく眠れるように掃除をおこないます。雑草を取り植木を整え、墓石は柔らかいスポンジを使って汚れを落とします。不浄なものを洗い流すために、最後に墓石に水をかけましょう。
  • お花とお供え物をあげるお花は左右対称になるように飾ります。お供え物に決まりはないので、故人が好きだったものをお供えしてあげましょう。
  • お線香をあげるお線香は「邪気払い」と「身を清める」意味があります。時間に余裕があれば、火が消えるまでそこにいるのが望ましいです。場所によっては灯明をあげるところもあります。
  • 手を合わせる合掌は故人に感謝の気持ちを表すものなので、頭が墓石より低くなるようにしゃがんでおこないます。

お墓参りでの供養するときの注意すべきこと

お墓は多くの人が来る場所ですから、ある程度マナーは必要です。訪れた方全員が気持ちよく故人を偲ぶ時間を過ごせるように、以下のことに注意しましょう。

  • 派手な服装は避けるお墓参りのときの服装に決まりはなく、普段の服装で構いません。喪服のように黒にこだわる必要はありませんが、あまり派手な色は好ましくないので避けたほうがよいでしょう。
  • お供え物は自宅に持ち帰る缶詰や袋に入ったお菓子など、腐る心配のないお供え物でも自宅に持ち帰ります。持ち帰ったお供え物のどうするかは、地域や家系によって異なるので親族や家族に相談しましょう。
  • できるだけ午前中にお参りする一昔前までは「墓参りは午前中にするもの」といわれていましたが、午前中でなくても構いません。しかし、場所によっては外灯のないところもあるので、安全面を考慮して、早めの時間帯にしましょう。

先祖供養の仕方はさまざま

今回は、お墓参りでの供養方法やお墓参りの手順をご紹介しましたが、少子高齢化や核家族化が進み、現在ではお墓に対する考え方も変わっているため、家族に代わり寺院や霊園に供養してもらう「永代供養」を選択される方も増えています。

知多郡にある如意輪寺は、宗派関係なく永代供養を依頼できるお寺です。お墓の改葬や永代供養をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

知多郡でお墓に関する相談をするなら如意輪寺へ

寺院名 如意輪寺(にょいりんじ)
住所 〒470-3321 愛知県知多郡南知多町大字内海中之郷12
宗派 真言密教
TEL 0569-62-0109
URL https://nyoiringi.com
PAGE TOP